2012年08月04日

アーシャのアトリエ

wil.jpg


というわけで魔女っ娘ウィルベルさんです。
ここ最近としては一番の当たりキャラとなりました。
ゲームはなんとか1周終わらせたので、感想のようなものを書いてみます。

古参ファンは、調合においてMP消費がなくなったとか、失敗がなくなったとかで驚きそうですが、
この辺はアーランドシリーズで既に形骸化してたので特に問題はなかったりでした。
なので一番大きい変化は、前シリーズで1個1個に品質とか特性が与えられていた素材アイテムが、
種類によってその辺が固定になったことです。
結果的に昔のシリーズに戻ったというわけで、ちょっと残念な部分もありますが、
どうせアイテム作成時にはどういう特性がついてるかでアイテムを選ぶようになるので、
お目当ての特性が探しやすくなったと言えます。
固定化されたことによってアイテムの種類は増えてるので、選択肢が大幅に減ったという感じもありません。
が、素材集めの必要性が薄れたような感じはします。

調合のシステムは、同じ素材を使っても、アイテム投入の順序を変えたりスキルを使ったりすることで
結果が変わってきたりするので、考えることは増えていてよい感じです。
調合のレベルが上がるほど、結果的にいいアイテムが作れるようになってるのもいいです。
今までは、レベルは成功率くらいにしか影響しませんでしたしね。

ただ、ゲーム全体で見ると錬金術はあくまで妹を見つけるための手段で、あまり重要視されてない感じなのが気になります。
この辺感覚的にはトトリに近いものがありますが、
今回は酒場等で依頼を受けて納品するというシステムもなくなってるので、
序盤なんかはほとんど錬金する必要性がなかったりしますし。
一応街の人の困りごとを解決するというのはありますが、これはほとんど期限もないし必要なアイテムも固定っぽいので、
おこづかい稼ぎのために用意されたようなものですね。
まとまったお金を稼ぐ手段がほとんどないので、結果的にやらされてる感があってちょっと残念な感じです。
あとメルルの時にもあった、特定の場所の敵を全滅させると次の道が開けるとか、ボーナスが貰える
というのがほぼすべての場所に設定されていて、
なるべく戦闘をさけて進むのが信条の自分としてはかなりめんどくさかったですよ。

とは言え大部分では自由度もあるし、いつものアトリエの感じで楽しめます。
イベントもけっこうな頻度でありますしね。
全体的にぬるい感じなのは仕方ないかとは思いますが、とりあえずDLCも配信されたので2周目をやりますかねー
posted by ゆぎ at 12:31| Comment(0) | ゲーム

2011年07月17日

アトリエ

meruru01.jpg

気づけば1ヶ月以上更新がありませんでしたが、
その間何をやってたかというと、トトリのトロフィーコンプして、メルルをとりあえず1周終わらせました。
本当はメルルの方は適当に切り上げるつもりだったんですが、気づけば最後までやっちゃってましたね。
システム的には前作の不満点がほぼ解消されててよいです。
調合システムは、トトリとほぼ同じなので、トトリをやってるとやり方は分かるものの、
新鮮味がないという部分もあります。
キャラは前作までのキャラが沢山出てくるので、前作をやってると楽しめるのは確かですが、
やってなくても特に問題はないかも。
ただ、前作をやるつもりがある人は、あっさりネタバレされてるところもあるので、
メルルからやらないのが吉ですね。
全体の流れとしては、ロロナとトトリのいいとこ取りという感じですね。
やめ時を失う楽しさです。

そんなわけで近況ですが、最近はゲーセンでProjectDIVAをやってます。
やれる場所が限られるのでなかなかできないのですが、ハードをとりあえずクリアするくらいまでにはなりました。
あと夏の新番組がいろいろ始まりましたね。
また花澤無双な予感?ロウきゅーぶは思ってたよりシリアスな展開になりそうでよさげです。
神様のメモ帳は作画はよいけど、やっぱりアニメ向きの作品ではないなという感じ
アニメでは彩夏と仲良くなるイベントをこなしつつ、事件を解決していって、
1巻の内容をラストあたりに持ってくる感じですかね?
あれで終わられても困る気はしますけど、展開としては2期もあるだろうし。
posted by ゆぎ at 05:36| Comment(0) | ゲーム

2010年10月06日

フーカのかわいさは異常

huka.jpg

ディスガイア4です。
3が出た頃はPS3持ってなくて、買う機会を逃してしまったので、
4はぜひ買いたいと思います。
そんなわけであまり書くネタがないので、
ここ最近のお気に入りキャラとかを描く作業をやっていきたいと思います。
posted by ゆぎ at 04:16| Comment(0) | ゲーム

2010年07月24日

アトリエ

rorona02.jpg

更新滞ってた間何をやってたかというと、
ロロナのトロフィーコンプして、トトリを1周終わらせてました。

そんなわけで珍しくゲームの感想とかを語ってみたり。
ちなみにアトリエシリーズはリリーまでやってるはずです。

まずロロナですが、調合システムがかなり簡略化されてます。
特に素材選択がカテゴリごとで選べるようになったことで、調合の難易度はかなり下がったのではないかと。
そのせいか、素材アイテムが多い割に調合できるアイテム自体は少なくなってた気が。
一定期間ごとに出される課題は、その辺誤魔化すのにも役に立っていてうまいシステムだと思いますが、
逆に言うとそれをクリアすれば他にやるべきことはあまりないので、
これまでのシリーズをやり込んでた人からすればちょっと物足りない感じかも?
個人的にはブランクがあったのでちょうどよい感じでしたがー

トトリも調合システム自体はロロナとほぼ同じですが、アイテムに付ける特性を考える必要が出てきたので、
若干敷居は上がってるかも。
あとロロナのシステム周りで不満だったところがほとんど改善されてたところは評価できます。
調合に関しては調合できるアイテムが増えた分、お目当てのアイテムを探すのに苦労することがあったので
次回作ではなんとかしてほしいものです。
依頼のスケジュールの確認が1ボタンで出来なくなったのも残念。
というか、スケジュール確認した所から直接調合できるようにして欲しい。
昔の奴では出来てた気がするんですが気のせいかも。

全体としては定期的に課題が出されるロロナと違って、差し当たっての目標がないので、
いろいろやって少しづつポイントを稼ぐという作業がダメな人には厳しいかも。
あと移動にけっこう日数取られる所も賛否両論ですかねー
とにかく調合以外にもやることがたくさんあって忙しい感じではあるんですが、
序盤から中盤あたりでは本来の目的である「母親を探す」という所を念頭に置いてないと、
なんのためにこんなことやってるんだー?という疑問に悩まされることになります。

そんなわけでいろいろ変わってる部分もありますが、前作の正常進化という意味では成功と言えるのではないかと。
グラフィックも強化されてますが、個人的にはロロナのディフォルメと割り切ったデザインの方が好きだったりします。
イラストはどっちも最高ですけどねー
その辺含めて次回作はどうなるか楽しみですよ。
そんな感じでー

あとこれも今さらなのですが、とら祭りで作られたTシャツがチャリティーなんとかで予約受付中だったりします。
会場でサンプルとして実物をいただきましたが、印刷は思ってたよりきれいでした。
絵柄については過去日記を参照ってことで、よろしくお願いします〜

http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/22/69/040010226975.html
posted by ゆぎ at 04:40| Comment(2) | ゲーム

2009年10月12日

eden*

shima.jpg

タイトルは「エデンスター」と読むのが正解なのでしょうか。
というわけでminoriの新作はさっくりとコンプできました。
っていうか普通に読んでれば最後まで行ける仕様です。
個別のシナリオがないゲームならこういうのもありなんですかねー
実際絵の枚数とかは無駄に多いので作品にかける手間としてはかなりかかってるっぽいですが。
お話としてはよくある世界の終わりをテーマにしてますが、すでに脱出計画が練られていて、
ほとんど脱出が完了してるところから話が始まるあたりはちょっと珍しいかも。
ハリウッド映画的には3分の2くらい終わったくらいのところです。
そんな感じで話のメインは脱出計画に貢献した天才だけど世間知らずな女の子と
その護衛になる主人公との恋愛話になるわけですが、
特に派手なところはないものの普通に楽しめる内容でした。

そういえば今回は一般作で、18禁的なものは追加ディスクになってたわけですが、
追加シーンが本編後のおまけ的な扱いなのはいかがなものかと。
で、なんでそういう仕様になってるのかと言えば追加シーンではよく声の似た別の人を使ってるからっぽい。
そんなんだったら最初から名前出さずにやっとけばいいような気がしますがまあいろいろ事情があるんでしょう。
というわけでとりあえず忙しい人にはオススメな作品でした。

絵の方は本編の背景のレベルに触発されて描いたもの。
なので、キャラはわりと適当だったり。
posted by ゆぎ at 15:44| Comment(0) | ゲーム

2009年07月03日

魔女になる。

majyo.jpg

わりと基本に忠実なデザインの魔女っ娘に惹かれて買ってしまったゲームです。
ペンで魔方陣を書くシステムはありがちですがおもしろいです。
話的にはふつーですが一気にやるとすぐ終わりそうなのでゆっくりやるのが吉です。

で、なんだかんだで7月ですねー
最近は絵を描くにもどうにも集中できなくて困りものです。
線画の修正とか昔はどうやってたのか分からないくらいめんどくさくてダメです。
うまい人の絵を見るとわりとさらさら描いたような感じで、
まったくもって精進が足りないと思ってしまう今日この頃です。

話は変わってエヴァの劇場版を見てきました。
アスカの扱いに関してはいろいろ言われてるようですが、
個人的にはアスカってこんなに可愛かったっけ…と思ったり。
なにかレイのキャラデザがちょっと大人っぽい感じになってるのに反して、
アスカは年相応な感じというか。
性格もTV版に比べるとだいぶ丸くなってる気がしますよ。
全体としては新キャラの立ち位置がまだよく分からないものの、
戦闘シーンは派手だしお約束もいろいろありってことで楽しめました。
余裕があればもう一回見に行きたいものです。
posted by ゆぎ at 04:39| Comment(0) | ゲーム

2009年06月23日

Flyable Heart

kururi01.jpg

実は俺、ツインテール萌えなんだ
というわけでいとうのいぢ原画最新作…といっても発売してから大分経ってたり
このキャラはのいぢ原画じゃなかったりしますが、とにかく久しぶりにコンプリートしたゲームでした。
のいぢゲーとしては忘レナ草以来になります。
別にそれに限った話ではないのですが、特定のキャラを攻略するとそれで満足してしまうことが多いんですよね。
今回のはお話としてはちょっとご都合主義的だったりですが、
各キャラのシナリオごとに少しづつ伏線が回収されていくのが面白くて、
割と早い段階でコンプしてました。

そんなわけでまだまだ積みゲーがあったりするのですが、
そろそろ絵の方を真面目にがんばりたいという感じなのでまた積まれそうな予感
アトリエとかドラクエとかも欲しいんですけどねー

あと拍手のコメントのこととか
>ホワイトアルバムは、やっぱし初代のED曲の、パウダースノーが一番じゃないかと・・・
パウダースノーは名曲ですよね!
実際ホワイトアルバムも家庭教師してた娘しかクリアしてないので
本編で聞いたかどうか記憶が定かではないですが!
posted by ゆぎ at 05:26| Comment(2) | ゲーム

2009年05月31日

もふもふするぅ〜?

DS02.jpg

ゲーセンでデススマイルズの2が稼動されて、
「俺たちの戦いはこれからだ」EDやキャスパーが使えないことに絶望したりしたことを日記に書こうと思ってたら、
そろそろ更新で修正されるらしいのでがっかりな感じです(?)
それというのも360版のデスマをがんばってたら絵を描く気力が減少したりしたからなのですが、
その甲斐あって360版では渓谷を通らずに2億超えを達成しました〜
次は渓谷経由で3億超えを目指したいところですが、かなりハードルは高そうです。
MBLの秘密の実績とか一般人には完全に無理ゲーですよ!

あと最近のお買い物
水樹奈々のWHITEALBUM挿入歌と、モモーイのゆるめいつ主題歌を買いました。
今期はTVアニメの主題歌でこれというものがなかったのでその辺に落ち着いた感じです。
あといろいろあって延期した水樹奈々のアルバムがもうすぐなので楽しみだったり。

今期のアニメと言えばハルヒはなんだかんだで面白いですね。
小説をまた読み返したい気になりました。
あとエヴァ劇場版のBD版を見ましたよ。
BDのアニメをちゃんと見たのは初めてだったんですが、わりと画質はやばいです。いい意味で!
特に引きの構図だとDVDなんかとの差は歴然ですね。
音響に関してはろくな環境がないのが残念なところですがー
そういえば劇場公開時はとくにチェックしてなかったんですが、こっちの地方でもやってたんですかねー
グレンラガンはやるっぽいので次のエヴァもやるなら見に行きたいところですよ。
posted by ゆぎ at 06:04| Comment(0) | ゲーム

2009年02月01日

栞おめ

shiori07c2.jpg

毎年この時期には描いてる美坂妹さんですが、今回はちょっとがんばって描いてみました。
本当はもっといろいろ光らせたりしたのですが、
なにか光ってない方がいいような感じもして普通のを上げることに。

ところで上手い人の絵を見てると、ちゃんと立体に見えるんですよね。
そういう意味で自分の絵はのっぺりしてるというかどうにも寂しく見えることがあって、
その辺はちゃんと考えて練習せねばーと思ったり。
あと最近は意識して色を濃くしてるんですが、さすがに濃すぎなんじゃないかという気が。
この辺は自分だけの感覚では分からないのでなかなか難しいところです。

というわけで一応いろいろ考えて描いてるんですよというアピールおしまい。
posted by ゆぎ at 00:25| Comment(0) | ゲーム