2014年08月18日

シャリーのアトリエ

katora.jpg

前作ではカトラちゃんだったカトラちゃんも、シャリーのアトリエではカトラさんになりました。
いい感じに成長していますね。
そんなわけで最近更新がなかった間なにをしてたかというとエスカ&ロジーをコンプして、
シャリーを1周終わらせました。
今回は前作の反省を活かしてシャルロッテから初めてみたんですが、これが失敗でした。
シャルロッテは舞台となってる街に以前から住んでるという設定なので、
そこに住んでるキャラの紹介とかはあまりされなかったりするんですよね。
今回は事前情報をあまり入れずにやってたので、キャラの関係がわりとぼんやりなままやってたりでしたが、
シャリステラの方でやってみるとわりと説明されててすっきりしたり。

さて、今回ゲームの変化としては期限がなくなったことが大きいです。
前作では一定期間ごとにクリアしなければならないメイン目標と、好きにやればいいサブ目標があって、
1周目ではサブ目標を全部やるとちょうど期間が終わるくらいのバランスになっており、
結果としてやらされてる感があったのがちょっと残念でした。
逆に2周目ではやることなくなって寝まくる羽目になりますしね。
シャリーでもメインとサブの目標があるのは同じですが、
期限がなくなったことでメインを終わらせればすぐ話を進められるし、
サブ目標をずっとやりたい人はやってられるしということで、自由度がかなり上がった感じです。
しかし、よく考えてみるとエスカ&ロジー以外は長期間で一定の目標をクリアしてればOKだったので、
やってる感覚としてはその辺に近い気がします。感覚的にはトトリが一番近いかも。
問題としてはストーリーの展開にあわせて起こるイベントと、
友好度とかのパラメータによって起こるイベントとの間で整合性がとれてないことがでてくることですかね。
ストーリー上はもう大分仲良くなってるのに、発生するイベントではまだまだ他人行儀な感じだったりとか、
錬金術の腕前が上がってたり上がってなかったりということがあったりします。
とくに今回ゲームを進めるだけならほとんど調合をする必要がなかったりするので、その辺の矛盾が発生しやすくなってるかも。
まあ、大体素材の関係で後半にならないとよいものが作れないってことが分かっちゃってるので、
前半はどうしてもサボりがちなんですよね。
これは今回に限ったことでもないですが、地道に調合をして、
アイテムについてる効果を合成して強力なものにするということができるんですが、
がんばっても結局後半に出てくる単発効果の方が強力だったりするのはちょっとどうかなと思います。
後は調合を頑張る目的が、ほとんど強敵を倒すためでしかないってのも残念です。
依頼においても質がよければ評価されるというのを復活させてほしい。

とまあ、いろいろ書きましたがちゃんと楽しめたのも事実です。
黄昏シリーズはこれで終わりではないみたいなことをえらい人が言ってましたが、
ウィルベル主役で外伝とか出してきたりしませんかね?
posted by ゆぎ at 14:08| Comment(0) | 日記